日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

『太陽を見よ、・・・』

『太陽を見よ、太陽は惜しみなく、光と熱を地上に与えているではないか。他の生命の根源に奉仕している。太陽のように人と社会に奉仕して、しかも自らも輝いてやまぬ人物にならなければならない』
(青田 強)
皆既日食を見ました。完全に太陽が隠れる位置からではなかったのですが、それでも辺りは暗くなり、普通の夕方の暗さと違う暗さを感じました。無意識のうちに太陽からは沢山の恵みを与えられていることに気付かされる一瞬でした。
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , , ,

『人は大きな目的を・・・』

『人は大きな目的をもってこそ(おのずから)大きくなる』
(シラー)
忙しい日々の繰り返しの中で、初志もどこかに置き忘れている。
自分なりの人生の大きな目的を再考しながら日々、過ごしていくことが必要だと感じる。
-座右の銘-

タグ: , ,

『人生を喜び楽しめ。・・・』

『人生を喜び楽しめ。人生は人を愛し、働き、遊び、星を眺める機会を与えてくれる』
(ヘンリー・ヴァン・ダイク)
「人生、楽しんだ者勝ち」なんだろう。人生のいろんな場面で自分から楽しくなるように感じ取れる人は幸せかも・・・
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , ,

『天のまさに大任を・・・』

『天のまさに大任をこの人に降さんとするや、必ずその心志を苦しめ、その筋骨を労せしめ、その体膚を餓えしめ、その身を空乏にし、おこなうこと、そのなさんとする所に払乱せしむ』
(孟子)
「天が人に大任を授けようとするときは、必ずまずその人の身心を苦しめ、窮乏の境遇におき、何を行ってもすべて失敗をさせて、わざわざその人を鍛えるものなのである。つまり、不運は天の試練として受け止めるべきものなのである」という意味らしいが、深い歴史をもつ中国でもこのような格言が語られている。
どんな耐え難い状況であっても、今は試されているんだと考えて、ほんのちょっとずつでも先に進んでいくことで、より良い状況に変えていく事ができるのかもしれない。
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , ,

『「人は一人では生きられない」・・・』

『人は一人では生きられない」とよく言います。それは経済的、物理的に支えあわねばならないという意味だけでなく、哲学的な意味でも、やはりそうなのです。自我を保持していくためには、やはり他者とのつながりが必要なのです。相互承認の中でしか人は生きられません。相互承認によってしか、自我はありえないのです』
(姜尚中)
人間は社会的動物であると言われるが、たしかに自分一人だけでは心からの喜びを感じることが出来ないように思います。他者との関係の中ではじめて、本当の喜びを感じたり、感謝の気持ちを持てたりするんでしょうね。
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , , , ,

『人は幸運の時には・・・』

『人は幸運の時には偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運の時である』
(シラー)
自分には運が無いと感じる状況の時こそ、自分を成長させるチャンスでもあるってことなんだろう。落ち込んでいる暇は無いんだよな。
-座右の銘-

タグ: , , , ,