日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

『風と波とは・・・』

『風と波とは常に優秀な航海者に味方する』
(ギボン)
風や波を利用するからこそ先へ進むことができることを考えると、逆境って捉え方次第でチャンスになるものなんでしょうね。それを上手に捉えて先へ進むことができる人が優秀な航海者ってことなのか・・・風の無い、凪の状態(平穏な状況)では帆船は進みませんからね。
-座右の銘-

タグ: , , , ,

『何事が起こっても、・・・』

『何事が起こっても、その一番いい部分に注目するよう習慣づけると、一年たてばそれに千ポンド以上の価値が出てくる』
(サミュエル・ジョンソン)
どんなこともプラスに捉えることができるようになれたら心穏やかで居られるのかもしれませんね。
-座右の銘-

タグ: , ,

『もしも人間の価値が・・・』

『もしも人間の価値がその仕事で決まるものならば、馬はどんな人間よりも価値があるはずだ。馬はよく働くし、第一、文句を言わない』
(ゴーリキー)
人間の価値はその人の仕事で決まるものじゃないということなんでしょうね。他人の心の痛みを感じることができたり、思いやりや優しさなど、いろんな要素を複合してその人の個性が作られ、その個性が価値に繋がるっていうことなのかな・・・
-座右の銘-

タグ: , , , , ,

『暗黒の日も明日まで・・・』

『暗黒の日も明日まで永らえたならば過ぎ去るであろう』
(クーパー)
悪いことばかりは続かない。明日になれば状況が変わるだろうから良くなることを信じて頑張ることで道は拓けるのだろう。
-座右の銘-

タグ: , , ,

『青年時代は人生で最も・・・

『青年時代は人生で最も幸福な時代であるという信念は、誤った考えの上に成り立っている。もっとも幸福な人間は、もっとも味わい深い考え方をする人間のことである。だから人間は年を取るに従って、ますます幸福になっていく』
(ウィリアム・ライアン・フェルプス)
年齢が若いことそのものが幸せなことである場合もあるかもしれないが、幸せの感じ方、考え方については年齢とともに深くなっていくというのは一理あると思う。重ねた年齢分の人生経験を絡み合わせて、より多方面からの判断ができるからだろう。
歳を重ねることは味わい深い人生を過ごすことでもあるということを考えると、歳を取っていくことも悪いことではないような・・・
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , ,

『人生を喜び楽しめ。・・・』

『人生を喜び楽しめ。人生は人を愛し、働き、遊び、星を眺める機会を与えてくれる』
(ヘンリー・ヴァン・ダイク)
「人生、楽しんだ者勝ち」なんだろう。人生のいろんな場面で自分から楽しくなるように感じ取れる人は幸せかも・・・
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , ,

『どんな事態にも、・・・』

『どんな事態にも、第三の道がある。そう思えば、人生にも新しい風が吹いてくるのではないか』
(城山三郎)
どういう状況にあっても、右か左かの二者択一だけでなくて、上か下か真っ直ぐか、いくつかの道が存在するのかもしれない。柔軟に発想できるようになりたいものである。
-座右の銘-

タグ: , , , , ,

『心すべきことは、・・・』

『心すべきことは、たとえ相手の考えが完全に間違っていたとしても、当の本人はそう思っていないことだ。相手を責めてはいけない。それは愚か者のやることだ。相手の気持ちになるのだ。これができるのは、分別のある、寛大な、大人物である証拠だ。
相手の考えや行動には、それなりの理由があるはずだ。それを探り当てれば、相手の行動の手がかりも、ひいては相手の性格の手がかりも得られる。素直な気持ちで相手の立場に立って考えてみよう』
(デール・カーネギー)
相手と意見が異なるときに、こちら側の勝手な解釈によって相手を攻めたくなるときがあるが、相手も自分と同じ弱い人間。何らかの理由があるのだ。自分が相手の立場だったらどう感じるのか、一度自分自身の中で考えてみることも大切なことのように思える。
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

『あなたの人生は・・・』

『あなたの人生は、外界の状態や環境によって決められるものではなく、習慣的にあなたの心を占めている考えによって決められる』
(ノーマン・V・ピール)
日頃の気持ちの持ち方が人生を形作るってことか。日頃から明るく機嫌よく過ごして、楽しい人生にしていきたいものである。
-座右の銘-

タグ: , , , , , ,

『望みどおりの幸福を・・・』

『望みどおりの幸福をえられなかった過去を否定して、自分のために、それを変えていこうという希望こそ、甦生した人間のもつ魅力なのである』
(モロア)
過去をふりかえると後悔も多い。あのときああしておけばよかった・・・とか。しかしそんなことを考えても何も変わらない。
これからの時間を後悔しなくていいように変えていくことができれば、結果的に過去は肯定されるものになるのかもしれない。
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , ,

『最悪の事態を受け入れれば・・・』

『最悪の事態を受け入れれば、もはや失うものは何もない。-ということは、全てを得たということだ!』
(デール・カーネギー)
たしかに失うものが何もないということは、もうこれ以上悪くならないということだ。
「全てを得た」というレベルまで転換できないけれども、少なくともこれから先はいい方向に向かうと考えれば、一筋の希望を持てそうである。
-座右の銘-

タグ: , , , , ,

『さあ、今すぐ電話を・・・』

『さあ、今すぐ電話をかけてみてはどうですか?』
(スティーブン・レヴィーン)
あれこれ考えてばかりいるのではなく、今すぐ行動してみなさいってことなんだろう。
具体的に動き出したら、何かをみつけるかもしれない
-座右の銘-

タグ: ,

『呼吸には二種の恵み・・・』

『呼吸には二種の恵みがある。空気を吸い込むことと、空気から解放されること。前者は胸を圧迫し、後者は胸をさわやかにする。このように生は霊妙にまじりあっているのだ。だから神が君を圧迫するときは、神に感謝せよ。そして神がその圧迫を解いてくれるときには、神に感謝せよ』
(ゲーテ)
人間が生きていくために必要な呼吸という一つの動作の中に、空気を吸い込む行為と吐き出すという相反する行為が作用し合っている。
吸い込む行為をマイナスだとしたら吐き出す行為はプラスになり、もしマイナスが無ければプラスも無いことになる。
プラスを得るためにはマイナスが必要であることになるな・・・ということはプラスに感謝するということはマイナスにも感謝しないといけないってことか。
なるほど、だから圧迫されても感謝、圧迫から解放されても感謝なのか。
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , , , ,

『天のまさに大任を・・・』

『天のまさに大任をこの人に降さんとするや、必ずその心志を苦しめ、その筋骨を労せしめ、その体膚を餓えしめ、その身を空乏にし、おこなうこと、そのなさんとする所に払乱せしむ』
(孟子)
「天が人に大任を授けようとするときは、必ずまずその人の身心を苦しめ、窮乏の境遇におき、何を行ってもすべて失敗をさせて、わざわざその人を鍛えるものなのである。つまり、不運は天の試練として受け止めるべきものなのである」という意味らしいが、深い歴史をもつ中国でもこのような格言が語られている。
どんな耐え難い状況であっても、今は試されているんだと考えて、ほんのちょっとずつでも先に進んでいくことで、より良い状況に変えていく事ができるのかもしれない。
-座右の銘-

タグ: , , , , , , , , ,

『半時間ぐらいでは・・・』

『半時間ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでもする方がまさっている』
(ゲーテ)
考えているだけで何も行動しないより、自分の体を動かして何かやってみることが大切だよっていうことだろう。
何か始めることで気分が変わるし新しい思いつきがあったりすることもあるからな。
-座右の銘-

タグ: , ,

『希望は永久に人間の・・・』

『希望は永久に人間の胸に湧く。人間はいつでも幸福であることはなく、いつもこれから幸福になるのだ』
(アレキサンダー・ポープ)
「いつもこれから幸福になるのだ」・・・前向きな希望を感じさせる言葉だと思う。
-座右の銘-

タグ: , , , , ,

『常識とは・・・』

『常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う』
(アルベルト・アインシュタイン)
常識とは、あるまとまった社会集団の中で、その構成員の最大多数が安全に生活していくための生活の知恵みたいなものなんだろうが、ある集団では常識であっても、他の集団では非常識である場合もある。だから常識とは絶対的な価値をもっているものではないのだろう。
他の人に迷惑をかけるようなことがなければ、自分の信じる考えを貫き通すことで自信を得ることができるようになるかもしれない。
-座右の銘-

タグ: , , ,

『人は幸運の時には・・・』

『人は幸運の時には偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運の時である』
(シラー)
自分には運が無いと感じる状況の時こそ、自分を成長させるチャンスでもあるってことなんだろう。落ち込んでいる暇は無いんだよな。
-座右の銘-

タグ: , , , ,

『よい記憶力は・・・』

『よい記憶力はすばらしいが、忘れる能力はいっそう偉大である』
(ハーバート)
忘れる事が出来るから、前を向いてまたやり直そうって思えるんだろう。意識して忘れることも大切なときがあるよな。
-座右の銘-

タグ: , , ,

『真の満足は・・・』

『真の満足は、いかなる状況からも、その中のあらゆる価値を取り出せることにある』
(ギルバート・キース・チェスタートン)
どんな状況にあっても、その中には何らかの価値が潜んでいるのかもしれない。そのことを意識することで、その価値を見つけ出せるようになるのだろう。
-座右の銘-

タグ: , , ,

『ばかげたアイデアでも・・・』

『ばかげたアイデアでも紙に書いてみよ。そうすればすばらしいアイデアが生まれてくる』
(オスボーン)
頭の中で考えていることを整理するには紙に書いてみることが一番かもしれない。紙に書き出す際の手法として、トニー・ブザンという人が提唱したマインドマップ(Mind Map)のようなやり方は、全体が掴みやすくなるし組み合わせ次第では新しいアイデアを生み出せるかも。
-座右の銘-

タグ: ,

『想像力は万事を・・・』

『想像力は万事を左右する。それは美や正義や幸福を作る。それらはこの世の万事である』
(パスカル)
想像する力、イメージする力は美や正義や幸福までをも作るってことなんだろうか。それほど想像力を働かせることは大切なことだっていうことなんだろう。事前に自分の人生の物語を想像することが出来たら、より楽しめるのかもしれない。
-座右の銘-

タグ: , , , , , ,

『人生というものは、・・・』

『人生というものは、決して振り向いてはいけないものなんだと思います』
(グレース・ケリー)
振り返ると、あの時こうしておけばよかったな・・・っていう後悔みたいなものが頭をよぎってしまうからな・・・どうしようもないことは考えずに、今こうやって元気で居られることは過去の選択は間違いじゃなかったからなんだと考えて、これからより良く過ごす方法を考えていこう。
-座右の銘-

タグ: ,

『あなたが行きづまったと感じ・・・』

『あなたが行きづまったと感じ、もうその先へ一歩も進めないと思ったとき、そしてまた人生のすべての目的を見失ったと感じたとき、それは実にすばらしいチャンスです。それはすべてをもう一度やりなおし、人生の新しいページをめくる、すばらしいチャンスなのです』
(アイリーン・キャディ)
行き詰ったときはピンチだと思ってしまうが、そういう風に考えるのではなく、チャンスだと考えてチャンスにするためのネタを探す方がまだ前向きだな。
-座右の銘-

タグ: , , , ,

『現在はどういうときなのか・・・』

『現在はどういうときなのか。それは、つねに新しく出発できるときである』
(アインシュタイン)
今という時間は、新しいことを始めるスタートラインでもあるということを考えると、いつでも希望を持てるということでもあるんだな。
-座右の銘-

タグ: , ,

『逆境には必ず・・・』

『逆境には必ずそれよりも大きな報酬の種が隠されているものだ』
(ナポレオン・ヒル)
自分自身にとっては逆境だと思えるような状況の中でも、冷静に観察することでチャンスに切り替えられる要素を見つけ出せるってことか。ピンチはチャンス、チャンスはピンチ。
-座右の銘-

タグ: , ,

『今日立てたプランは・・・』

『今日立てたプランは、その日に最高なのであって、次の日には、すでに最高とはかぎらない。周囲の状況は、生きかつ動いているから、毎日毎日、計画を検討すべきだ』
(加藤升三)
日々新たか・・・。
-座右の銘-

タグ: , , , , ,

『勝利をおさめる・・・』

『勝利をおさめる弁護士とは、法律を全部暗記している人ではない。その事件に徹底的な準備をした人である』
(ナポレオン・ヒル)
これからやろうとすることに対して徹底的に準備しておくこと、これが勝利の秘訣か。
-座右の銘-

タグ: , , , , , ,

『どんなに貧しく生まれようと・・・』

『どんなに貧しく生まれようと、恵まれた環境に生まれようと、そのこと自体はあなたの運命に直接かかわりありません。あなたの到着する地点はあなたの思い描いたところなのです』
(ジョセフ・マーフィー)
成功している人の書いた本を読むと、成功している自分を紙に書いて強烈にイメージ化しているよな。やってみよう。
-座右の銘-

タグ: , , , , ,

『独創的-何かの・・・』

『独創的-何かの新しいものを初めて観察することではなく、古いもの、古くから知られていたもの、あるいはだれの目にもふれていたが、見のがされていたものを新しいもののように観察することが、真に独創的な頭脳の証拠である』
(ニーチェ)
独創的とは無から有を生み出すことではなくて、有から新しい有を生み出すことでもあるってことか。既存のものまたはそれらの組み合わせに対して、新しい価値を作り出す事ができれば、それも独創的か・・・。
-座右の銘-

タグ: , , ,

『あなたに配られた・・・』

『あなたに配られたトランプのカードには不利も有利もありません。あなたの考えや感情が不利にも有利にも作用するのです』
(ジョセフ・マーフィー)
今、自分がおかれた状況を望ましい方向に導くのも、そうでないのも自分の考え方ひとつってことか。
-座右の銘-

タグ: , , , ,

『苦痛は人間の・・・』

『苦痛は人間の偉大な教師である。苦痛の息吹のもとで、魂は発育する』
(エッシェンバッハ)
魂は発育しなくていいから苦痛のない暮らしがいい・・・こう考えてしまう自分が居る。
しかし現実はこの言葉を借りて気持ちを少しでも前向きに切り替えていこうとする自分も居る。
-座右の銘-

タグ: , , , ,

『今日一字を覚え・・・』

『今日一字を覚え明日一字を覚え、久しければすなわち博学となる』
(中井竹山)
何か大きなことを成し遂げたいと考えたときは、それを達成するための細かな一つ一つを毎日継続して続けていくことで、いつかは達成できるってことなんだろう。
先ずは始めるって事か。
-座右の銘-

タグ: , ,

『自分が無力だと・・・』

『自分が無力だと考えない限り、人はだれでも無力ではない』
(デモクリトス)
時々、自分は無力だなと思ってしまうことがあります。
でも、自分がそう考えているから無力になってしまうのであって、無力ではなく、何かできるかもしれないと考え直して、できることを始めることで、無力ではなくなるのかもしれないですね。
何かできることを考えよう。
-座右の銘-

タグ: ,

『幸福と不幸とは・・・』

『幸福と不幸とはともに心にあり』
(デモクリトス)
なるほど、確かに。ある一つの状況でも、考え方を変えることで前向きになったり、後ろ向きになったりしますからね。
よくあるたとえ話ですが、ボトルにお酒が半分残っている状況(事実)に対して、「まだ半分も残っている」と考えるか、「もう半分しかない」と考えるかで気分も変わりますよね。
気分は心の持ち方次第で反転させられるってことだな。
-座右の銘-

タグ: , ,

『不可能だと思わない限り・・・』

『不可能だと思わない限り、人間は決して敗北しない』
(デール・カーネギー)
自分自身がもうダメだって諦めない限り、敗北ではないってことか。
エジソンが白熱電球を発明したとき、フィラメント材料を見つけるのに6,000種類にも及ぶいろんな材料を炭にして実験をしていたという話がありますが、まさにこのことなんでしょうね。
諦めずに続けること、これが成功の秘訣か。
-座右の銘-

タグ: , , ,

『人間万事塞翁が馬』

『人間(じんかん)万事塞翁が馬』(中国の故事)
何がきっかけで幸せな状態になったり、そうでなくなったりするかわからないから、あるひとつの状況だけで有頂天になったり悲観したりしないようにってことなのでしょうね。
きっと状況は良くなるって信じて頑張ろう。

http://www.d2.dion.ne.jp/~nob_o/kotowaza/s_jinkanbanji.html
(参考:みらいぽーと)
-座右の銘-

タグ: , ,